【検証】福島第一原発「10年目の真実」…じつは「吉田所長の“英断”海水注入」は、ほぼ“抜け道”に漏れていた ネットの反応 Update

政治
Photo by Frédéric Paulussen on Unsplash
スポンサーリンク

福島第一原発「10年目の真実」…じつは「吉田所長の“英断”海水注入」は、ほぼ“抜け道”に漏れていた

スポンサーリンク

Twitterの反応

次ページは匿名掲示板5ちゃんねるの反応

コメント

  1. 当時、ヘリコプターの放水をテレビで見ていて絶望したことを覚えているよ

  2. 現場の指揮系統が逃げ出していたからね。
    現場も混乱していたし、分析して注水した水の注水漏れに気づくことも出来なかった。

    逃げ出した連中こそが戦犯なんだよ。

  3. でも政府は火力ではなく、原発でEV政策。
    アホだろう。

  4. まだ海外逃亡中なんだっけ
    すごいよね

  5. 工場の吸気ダクトをガイガーカウンターで測定したら振り切れたなあ
    フィルター洗浄した汚染水を捨てることも出来ず困った記憶がある

タイトルとURLをコピーしました